アチューメント

アチューメント中に見た夢がかなり印象的だった

アチューメント
AKIRA
AKIRA

下記の記事の中に出てくるアチューメント中の夢の話しです

ギベオン隕石はやっぱりパワーが強烈
ギベオン隕石のパワーを身体で体感したのですが、この体感はあんま欲しくないものでした。

ベッドで自己アチューメントをしてると・・・

うとうと夢心地になっていき、意識が沈んでいきました。

私は大きな部屋の中にあるベッドの布団を被って寝てました。
そしたら妹が友達を連れてきたのか、ベッドの隣にあったテーブルにぞろぞろと知らない女の子達が数人入ってきてザワザワと騒がしく。

私はそんな女の子達にうるさいなぁ~、寝てるんだから静かにしろと思いながらイライラしてました。そんな煩さに寝れない私は妹に向かって言いました。
『何で前もって来ることを言わないの?!』

私は妹に文句を言うけどそんな私を無視して妹は部屋から出て行こうとするから余計ムカツイて、そんな妹を追いかけながら更に文句を言いまくった。だけどなぜだか妹は完全無視。

全然人の話しを聞かない妹に何で無視すんだよ!!!と更にイライラしながらも仕方ないからその場を離れ、そしてうるさくて眠れないからと他の世界(場所)に行こうと決めました。
階段を降りてくと、だだっ広い何もない場所で私は人を待ってました。

少し経つと白い洋服を着た男性らしき人が近づいてきたので、その人に何故かお姫様抱っこされならが私は言いました。

『プランBでいいからその場所に行って』

その言葉を聞くとその男性はスーッと動き出した。歩いてる感じはなく地面から足が少し浮いていて流れる様に動いてる感じ。お姫様抱っこが窮屈だった私は、彼に抱きつく格好になって到着した場所に降りました。

 

謎の声がどこからともなく

到着した場所に私は降り立つと、どこからともなく・・・・

『このプランBに来たら帰れないよ~』

と声が聞こえてきました。

AKIRA
AKIRA

へ~、そんなにこの世界は楽しいのかぁ!

そんな気持ちを持ちつつ私はワクワクしながらキョロキョロと辺りを見回した。
するとそこには昔から見慣れた景色が目の前に広がってました。そう、その場所は3歳~15歳くらいまで住んでた場所。自分の人生の中で一番長く住んでいた思い出深い場所でした。

AKIRA
AKIRA

まずは自分の家に行かないと!

何故か分からないけどそう思った私は昔住んでいた思い出の家に向かい出しました。
門を開けて階段を上り、ドアを開けました。

AKIRA
AKIRA

えらいリアルな世界だなぁ・・。
このドアもまったく同じ。

そんな風に言いながら玄関に入り続く廊下を歩いていると、お父さんとお母さんの声が向かう先から聞こえてきました。そんなお母さんに私は・・・

AKIRA
AKIRA

帰ってきたよ!聞いてるのっ!!!

いきなり入ったきたにも関わらず、私は食い気味にお母さんに言ってました。
そしたらお母さんが私に・・・

『分かってるよ!だからこーやっているんでしょ』

と言われた所で私は目が覚めました。

 

夢はあちらの世界?

かなり不思議な夢でしたねぇ。この夢自体ははあちらの世界に行ってる夢なんだなと現時点ではそう自覚してます。とうのもあちらの世界に行ってる時に起きる目印というものがあるのですが、こういった不思議な夢を見た後に目が覚めると、必ず身体が熱くなってるんです。

ちなみに途中に出てきた白い服を着た男の人は恐らく私のハイヤーセルフの真ちゃんかなと・・(たぶん)

お母さんが夢の中に出てきたのも面白かったのですが、もう何年も前に乳癌で亡くなってるから家族出演してくれたのかな?とw 普段たまーにお母さんの声自体は聞こえたりするのですが、ただ悲しいことに私を呼ぶ声しか聞こえないんですよ。

数日前に呼ばれた時は怒られてる時の声色で呼ばれたからめちゃ身体がビクッってなったw しかも寝起きだったし・・・。何歳になっても親からの言葉は怖いもんですw

 

あとがき

私は昔からよく夢を見るし、そして結構その夢を覚えてるタイプ。
楽しかった夢を見たときなんか、続きを見たくて2度寝してよく続編を見てました。

元々こんなんだったから皆夢は覚えてるもんだと思って彼にそのことを言ったら【いや、覚えてないし】と言われてビックリしたのを覚えてます。

ブログの引っ越しに伴いこの記事をリライトしたのですが(現在2022年3月)記事を読んで今思うことは、夢の中で見たことはあちらの世界ではなく今はパラレルの世界かなと思ってます。

パラレルは無数にある同じ世界だけど、でもちょっとずつ何かが違う世界。
まぁ途中のプランBにって言ってるのが、もろパラレルですよねw

目が覚めた時にある身体の熱さというのも、最近ではあちらの世界へ行っていた時の目印ではなく自分にとって相性が良い(心地良い)ものへの身体反応だと自覚してます。
自分にとってめちゃくちゃ相性が良いものと遭遇すると、身体のエネルギーが上昇するので人によっては熱さを感じりするんだろうなぁって今は思いますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました