Life log

足立幸子 あるがままに生きる

Life log
AKIRA
AKIRA

今回は先日届いた足立幸子さんの本の感想です。

あるがままに生きる

足立育朗さんの妹の幸子さんの本ですが、この本は育郎さんとは表現方法が全然違いすごく分かりやすくて面白いかったです。個人的には幸子さんの本のが私には読みやすいかなぁ。

難しい表現がないせいなのか、気楽に読めてそれでいてずっしり響く表現が書かれてるのでオススメの本です。

波動を上げる方法?

ほんの中では波動を上げる3つの条件が書かれてるのですが、1つ目が

あらゆるこだわりを取り除く

いやー、これ簡単じゃないよなーってすぐ思ってしまいました。でも全部捨てるわけではなく必要なだけあればいいというスタンスみたいです(そうじゃなかったら仙人だよね、これ)

昔よりかは欲というのが薄くなった私。今は必要なだけというよりも、自分が本当に欲しいと思ったモノを手に入れたいと思ってる(値段関係なくね)妥協して物を買ったりすると、自分が本当に欲しい物と違うから心が満たされなくて変なものを追加で買ってしまう。

だから本当にこれ欲しい!と思ったものだけ私は欲しいなぁ。

愛と愛情はまったくの別物?!

すっごく私に響いた箇所なんですが、愛は無条件で厳しいものだけど愛の下に情がつくと急に条件がついてドロドロしたものになってくる。

例えがものすごく分かりやすく書かれてたので抜粋しときます。

愛の部分ではやってあげない方がいいと分かっていても情の部分でやってあげてしまうことがいっぱいある。
愛の部分では分かっているのに、やってあげないと冷たい人だと思われる、良い人だと思われたいからしてしまう。

この部分を読んだ時に思い出したことがあったんです。

昔キャバクラで働いてた20代の時。その日初めて会ったお客のおじさんから言われたんです。

あなたは情が厚いから自分で仕事をした時に苦労する

ビックリするくらい当たってたんだけど、何で初対面でいきなり分かるんだこのおっさんと心の中で思ってたw

お世話になってる龍遣いの方からも同じことを言われたのですが、私にとっては課題でもありますねこれ。

情けは人の為にならず

私の彼のいとこの叔母さんが元看護師長なんですが、生前母親の面倒は亡くなるまで彼女がしっかり看ててくれてたんですよ。入院したと聞いたので病院にお見舞いに行ったらちょうど叔母さんがいて、『ほらっ、しっかり自分で持って食べる!』ってお婆ちゃんに言ってる姿を見たときにめちゃ驚きました。

いやだって、私が想像してる介護って看る側が色々とやってあげるのが介護だと思ってたんで・・・。

そんな叔母さんの姿を見て思ったのは、本当にお婆ちゃんのことを思ってそういう行動をしてくれてるんだなと思ったし、確か金さん銀さんの銀さん姉妹も自分が出来ることは自分でするのが長生きのコツだなんて言ってたなと。

ちなみに叔母さんとは松本に帰省した時に会うんですが、いつもめちゃパワフルでそして話しも面白いから大好きな人です。毎回会うのが楽しみ♪

他への依存を捨て、自立の時がやってきた

この箇所もすごく私が納得した箇所なんです。

みんな1人1人の奥深くに神がいるんだ。1人1人が神なんだ。

この文章を書いた瞬間、うわぁ~なんかいっちゃてる人みたい!って自分にツッコンでましたw この文章だけ見たら、かなりャビャイ人感満載。

自分自身が奥と繋がってる神(真我)の情報のキャッチができれば誰かに頼る必要はないと書かれてたんですが、以前自分で仕事をしてるときからそう思うことが結構ありました。私がネットで海外輸出業をしていた時は、その業界で稼いでる人のコンサルを受けて手取り足取り教えてもらいながら自分も売上をあげていく・・・というのがだいたいのセオリー。

何かそういった人達のブログを見てると、ヘドが・・・・いや気分が悪くなるんです。まぁあの世界も色々とありますが、私は誰かにべったりするのが元々苦手なんで自分で仕事を始めたときも、もちろんコンサルを受けませんでしたし自分でトライ&エラーでやってきました。そのお陰で知識やスキルは今でも役に立ってるし忘れることもないです(ボケなければね~)

ですが!もちろんビジネスの世界では利口なやり方ではないと認識してるけど、私職人気質なの~なんで仕方ないです。

なので、この本に書いてある通り自分でできたら一番いいですよね。というか、スピリチュアルセッションで言われません?『皆さんできることなんですよ』って。

私もセッションの時に言われましたが、特別なことではないみたいなんで私も自分自身がセンサーになって情報をキャッチしていこうと思います。

あとがき

2022年6月にこの記事をリライトをしました。

この足立幸子さんの本は現在持っていませんが、読んだときのことをリライトしてて思い出しましたね。感覚派の幸子さんが書かれた内容は私にとってすごく分かりやすく、そして難しい言葉もなかったので読みやすかったです。

この記事を読み返してみると色々と思うことがあるのですが、最後のスピリチュアルセッションで【誰にでもできる】と書いてありましたが、これに関しては変わらずヒーラーやチャネラー、そして霊視などはちゃんとした所からその技術を学べば誰にでもできるスキルだと変わらず思っています。

ですが、それ故にもっと基礎的な部分のエネルギー(波動)についてを学んでいない方が多いなと最近は感じています。何故このエネルギー(波動)を学んでいない事に違和感を感じるのかというと、エネルギーを扱う側が実は体感ができてない、そしてエネルギー自体が分かっていない状態でヒーリングをやチャネリングなどをしている方が多いからです。

エネルギーを扱う者として何故体感していない状態のままやるの?って思ってるし、例えばヒーリングをして受取り手が体感があった場合だと初心者ヒーラーさんだったら『そうなんだ』と心の中で思うし、そして何回もヒーリングをしてるヒーラーさんならたくさんの受取り手が体感してる経験上から自信に繋がっていると思うんです。

そこで私が思うのは、何でエネルギーのことをもっと自分で体感してより具体的にリアルにしないんだろうと思うんです。目に見えないモノはよりリアリティになればなる程自分のものにできるし、扱うことができます。

エネルギーを扱う者としてエネルギー(波動)が使えるようになれば、もっとクライアントにより良いモノが渡せると思うし、そして自分自身の生活がよりよいものを生み出せていきますので。

受ける側の方達はそこもポイントして選んでもらえたらなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました