Life log

お金に対しての恐怖、不安にフォーカスしない実験

Life log
AKIRA
AKIRA

今回はお金に関しての内容~

 

昔からお金に対しての不安があった

裕福な家庭で育ったのですが、何故か知らない内にお金が減ることに対して不安を持つ様になりました。今回そんなお金に対しての不安を今までとは違う考え方で強制的に実験をしてみました。

今回の実験は次の仕事先が決まってない彼に対しての実験です。というのも先月末で彼(夫)が勤めていた会社を退社しました。

その会社は大手の一部上場企業でしたのでこの先勤めていてもほぼ変わらなく安定した給料を貰える会でした。勤めていたこの5年間、実は何度も辞めようと思った時が数回あり実際に上司には辞めるとも伝えてました。事あることに私が阻害したり、はたまた会社側から辞めてもらわない為のプランがその都度その都度降ってきてしまい、何だかんだで辞めるキッカケを逃してました。

なので同僚からは辞める辞める詐欺と言われてたくらいw

辞めたかった理由は色々ありますが、大きな理由としては仕事内容でした。一言でいったらやりがい ですが、以前勤めていた会社というのは大手ならではの、のんびりした仕事内容、そして新しい挑戦というものに対して消極的で何をするのにもかなりの時間がかかってしまう環境でした。

彼は仕事が好きな人なので現状維持をのんびりやるよりも、新しい挑戦をしてより良くしていく環境を求めてました。そんなことから何度も辞めようとしたのですが、その度に同僚からの言葉の誘惑や上司の誘惑wそして何だかんだで次の仕事先が決まってないことから私が続けて欲しいと言ってしまってたので彼のステップアップを阻害しちゃってました。なので今回はそれを止めてみようとゲーム感覚の気持ちで実験をしました。

不安を解消する行動はやめなさい!

母親からは生前、不安を解消する行動はやめなさいと言われてきました。
ですが実際、次の仕事が決まらないまま仕事を辞める→次の仕事が決まるか不安・・・という感情に飲まれてしまっていつもずるずるしてました。

今回はなぜ不安があったにも関わらずそのままにしたかと言うと、やはり彼にとってこのままその仕事を続けても何も生まれないし成長もない、そしてなによりも彼が色々な事がありつつも仕事を楽しんでる姿が見たかったからです。

正直先のことは分からなかったから不安でしたけど、そこをゲーム感覚にして気にしないで普通に生活をしてました。そう思う様に意識を変えたら不安自体を以前の様に強く思うこともなかったし、まぁなる様にしかならんわなっ!という気持ちに転換できました。

いつの間にか新しい仕事先が決まりました

先週次の職場が決まったのですが、これまたその職場が彼が望んでいた条件にピッタリだったので、ほんとビックリしました。

スタートアップ企業
マネージャー職
お給料
自由出勤

こんな会社があるんだ〜って思うくらい、会社の社長から高待遇でスカウトが来ました。面接をして会社見学もしたら、かなり良かったので1日考えて返事をしました。そして明後日からお仕事開始です。

不安の96%は実際には起こらない

アメリカの大学の研究チームの実地調査の記事を見たのですが、心配事の80%は起こらないということが明らかになり、そして残りの20%のうち16%は準備をしていれば対応可能なものと書かれてました。なので心配事や不安の96%が取り越し苦労に過ぎないと。

ちょうど昨晩 youtubeで聞いてた内容があるのですが、不安や心配事に固執し過ぎるとそれを引き寄せてしまうと言ってたんですよね。おまけにネガティブの思考というのはポジティブよりも強烈に思う(思考)力が強いので現実化するのも早いみたいです。

あちら側の世界は、良いも悪いもないので仕方ないですね。

不安なことが訪れたら

なら不安なことが訪れたらどうしたらいいの?と思うかもしれませんが、気にしないことが一番!なんて言っても気にしてしまうことって多いじゃないですか?

そんな時はまずは先の心配をするのではなく、今のことだけを考えて下さい。

・今何をしたらいいのか?
・今できることは何だろう?

不安に支配されるのではなく、まずは深呼吸をして気分を落ち着かせてから今出来ることに意識を変えてみて下さい。不安を解消する為に行動するのではなく、今できる事をただやってそして結果を期待しない。ここまでやってみてダメだったら仕方ない!ってくらいに開き直ってやって下さい。

この開き直るって実はめちゃくちゃすごいスキルでこれをマスターすると、どこで生活をしても難なく問題をクリアできる人間になれます。

あとがき

実は今回も会社を辞めてからすぐに仲の良い元上司から電話がかかってきて誘惑が来ました。その内容には正直グラついた私だったのですが、やはりそれだとまた同じことを繰り返すなと思って丁重にお断りをしました。今回不安もありましたけど、気にしないで普段通り気楽に生活してみて良かったです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました